忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/16 03:31 】 |
視線で男を惹きつける
「目は口程にモノを言う」
と言いますよね。


視線というのは、相手に対して印象を残す
強い力を持っているのです。


一瞬だけでも視線が合うと意識しちゃう、
なんてことはありませんか・


会話しているときはもちろん、
ちょっと離れたところにいるのに、
視線が合うと思わずドキッとしてしまいますよね。


それが気になっている相手だったらなおのこと。


それは男性も同様で、
女性から視線を送られると意識してしまうんです。


といっても、ジーッと見つめるのはナシで。

怖いですそれ。


一瞬目が合ったらすぐに視線を外す、
それを何回か繰り返す。


そうすると、
一回だけだったら「偶然かな?」
なんて思うのですが、

何回か続くと、
「あれ?俺のこと意識してるのかな?」
なんて思っちゃったりするのです。


視線のもたらすインパクトって、
かなり強烈なものがあります。


言葉を交わさずとも視線だけで強く印象を残す、
これも男を落とすためのテクニックですね。


ただ、ジーッと見つめるのはナシで。

しつこいですね(笑)
PR
【2011/11/09 19:18 】 | モテる女性になる
男性への効果的な「おさわり」
男をドキッとさせるテクニック、

それは「おさわり」です。


お触りといっても、
何もいやらしい意味ではありません(笑)


いや、半分はいやらしいイメージで取られるかな?


実は、男性というのは、
お触り、ボディタッチに弱いんです。


普段あまり女性からボディタッチされることが少ないのでしょう。
ちょっと触れただけで意識しちゃったりするものなんです。


例えば、飲みの席で、
隣同士に座った男性に対して、
話を聞きながら腕に触れたり、膝を触ったりする人、
いますよね?


女性からすると、
何でもないことなのですが、
男性からすると結構ドキドキだったりするんですね。


もちろんイヤラシイ触り方をする必要はありません。


軽く叩いたり、手を乗せたりするだけで十分です。
それだけでも男性は意識するものです。


もちろんやり過ぎは禁物。


あまりベタベタされるのが嫌な男性もいますし、
いつも男に対してはベタベタしてるのかと思われても逆効果ですしね。


それにいきすぎて、
バシバシ叩いてしまったら、
ただのオバちゃんです。


加減というものが何事にも大事なんです。


もし気になる男性がいたら、
会話の時にでも軽いおさわりでアプローチしてみては?
【2011/11/09 19:03 】 | モテる女性になる
ギャップを上手く使う
人間ギャップに弱いというのは、
ご存知だと思います。


ギャップというのは、普段のイメージとは違った自分との差、
のことを言いますね。


人間は、他人に対して何らかのイメージを持っているものです。
それが真実かどうかは別としてね。


例えば、
Aさんは厳しくてアグレッシブな人。
Bさんは優しくて大人しい人。
Cさんは優柔不断でハッキリしない人。

そんな感じに、
何らかのイメージを持っているものなんです。


あなたも周りの男性に対して、
それぞれイメージというのを持っていますよね。


それは当然男性も同じで、
身近な女性に対して何らかのイメージを持っているわけです。


そのイメージとは違ったことをすると、
そこにイメージとのギャップが生じて、
その意外性に思わずドキッとしてしまうのです。


モテる女性というのは、
実はこのギャップをかなり利用します。


わざとギャップを演出して、
男性をドキッとさせるんですね。


それは服装だったり、振る舞いだったり、
まぁ色々ですが、
このギャップというのはかなり効果があるのです。


テキパキしたキャリアウーマンタイプの女性が、
お酒の席で甘えてみたり、

いつもは大人しい清楚な感じの女性が、
二人で出かける時にちょっとセクシーなファッションでいってみたり、

普段のイメージとは違ったところをチラ見せするのです。


このチラ見せってのがポイントで、
全面的に真逆を見せると言うよりも、
ところどころでギャップを見せるってのが効果があるんです。


モテる女というのは、
こうしたギャップを上手く使って、
男性の心を惹きつけているわけなんですね。
【2011/11/09 18:56 】 | モテる女性になる
女の武器を最大限に使いましょう
女の武器は最大限に使うべきです。


女性からは
「男に媚びてる」
「男ウケ狙ってる」
なんて言われるかもしれせん。


でも正直、そんなの気にする必要はありません。


女性に受けるかどうか、
女性が気に入るかどうかは、
男性にモテることと一切関係ありませんからね。


第一、モテる女性というのは、
大なり小なり“女”という武器を使っています。


女という武器を使わずにモテる女性なんていません。


同性を非難する女性も、
意外と男性の前では女の武器を使っているものなのです。


それに女として生まれたのですから、
女の武器を使うのは当然のことです。


男性は、女性の“女”の部分に惹かれます。
女性に男らしさを感じてホレる男性なんていませんよね?


それは逆も同じで、
異性が異性にホレる時は、
異性らしさにホレるんです。


だから男性が女性にホレるのは、
女性の持つ女性的なところにホレるわけです。


女として生まれてきたわけですから、
最大限に女の武器を使いましょう。


女性受けが良くたって、
男性にモテるようにはなりませんから。


といっても、
女の武器だからって「セックス」を売りにするのは
ダメですよ?


それは確かに女の武器かもしれませんが、
女の武器を使うというのは、安売りすることではないんです。


そこは勘違いしてはいけませんからね。
【2011/10/16 03:15 】 | モテる女性になる
男の目を意識した女
男に媚びてる女、
男の前では態度が変わる女、
ってよく嫌われますよね。


カワイコぶってたり、
男の前では急に女の子キャラになったり。


まーそういう子をよく思わない気持ちは、
よくわかります。


でも素のままの状態で、
男性が魅力を感じると思いますか?

少なくとも、
まだあなたのことをよく知らない男性が。

女の子って、正直、
裏では結構スゴイじゃないですか。
女子高なんかを見てもわかるように。

そういう姿って、
男性から見て魅力的に見えますか?

やっぱり見えないですよね。

やっぱり多少は、
男性の目を意識した振る舞いって
大事なんですよ。


素のままでいれば、
女性からは良く思われるかもしれませんが、
男性からモテるようになるとは限りません。


女にモテる女と男にモテる女って、
やっぱり違うんです。


だから時には、
男性を意識した演出って大事なんです。


もちろん程度によりますけどね。
【2011/10/02 19:05 】 | モテる女性になる | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>